読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるまま、気の向くままに

こちらにブログ引越ししました。猫のこと、カラダのこと、その他もろもろ。思いつくまま、気の向くままに、細く長く続けてます。

初めての猫カフェ Keurig the LOFT

このところ、「次の子、どうする?」という雰囲気が家の中に漂っています。まだ具体的な話しではなく、次の子を向かい入れるのかどうか、も含めての段階です。もし、次の子を向かい入れるのなら、当然、ワンコ(室内犬)と思っていましたが、母も高齢の域に…

初盆

ささやかですが、ハンナの初盆しました。13日には、迎え団子をつくり、母と般若心境をあげました。15日には、送り団子を供えて、お寺からもらったお札を燃やして、ハンナを送り出しました。 このお札。正しくは、施餓鬼幡(せがきばた)というそうです。この…

仲裁犬

ハンナが旅立って3ヶ月。家族が人間だけの構成に慣れていないので、なんだか調子が狂います。 距離感が近すぎるというか、濃すぎるというか…。感情がダイレクトにぶつかり合う事が、増えたような気がします。(いわるゆ喧嘩です) 犬って、人間の喧嘩の仲裁…

ハンナの四十九日法要

今日はハンナの四十九日法要。「やすらぎの森 むなかた」で執り行われました。般若心境をききながら、思い出したなぁ。 ----------------------------------------------------------------- まだ、ドナも元気だった頃。お盆にお坊さんが自宅にいらっしゃっ…

泣いて、寝て、本を読んで

ここ数日、どうもスイッチが入ってしまったようで、 ひとりになると号泣してしまう。 今日、福岡は久しぶりに良い天気だったのに 布団から出られなかった。気づいたら8時。夜の。 布団の中で、 泣いて、寝て、本を読んで、泣いて、寝て、本を読むの繰り返し…

ワンコのご飯(その2)  食欲がない時

相変わらず、ハンナの回想は続きます。 ハンナ、亡くなる1ヶ月前からは、急激に食欲・体重が落ち、なんとか、食べさせようといろいろと試しました。ここら辺からは、ハンナの食事にかなり神経を使いました。「昨日食べたモノを今日は食べない」という状態。…

ワンコのご飯(その1) フード?それとも手作り?

いろいろ病気は抱えてましたが、ハンナは消化器官がとても強かった。 肝臓が悪くても嘔吐はしない。 病院の先生から 「この状態で嘔吐が無いなんて信じられない」と言われました。下痢に至っては生涯一度も無し。ほかのワンちゃんの飼い主さんからは、よく …

Animal Rescue Network 

左のメニュー、カテゴリーの下…。福岡県でワンちゃん・ネコちゃんの保護活動を行っている「Animal Rescue Network(アニマルレスキューネットワーク)」の飼い主様募集サイトのバナーを貼りました。保護犬・保護猫の情報です。 ハンナが亡くなってから、いろ…

ハンナ、ハンナ

1995年9月8日、ドナが双子を出産。 お兄ちゃんは、私のベットの上で生まれましたが、もう一匹が産道につかえ、出てこない。母の友人が、仮死状態の子を引っ張り出してくれました。 人工呼吸で、息を吹き返した。 それがハンナ。たったの85グラムでした。 左…

ハンナ、虹の橋へ

内出血が引いたあと心臓が悪化し、一進一退の状態が続き、なかなかブログを書く気持ちになりませんでした。そして愛犬ハンナは、2月1日の夜、虹の橋へと旅立ちました。 16才5ヶ月でした。その夜、残業していた私のとろこに、母から急変したと連絡があり、 タ…

ハンナ、内出血が引く!

ハンナの重度の内出血。このまま出血が続くとどうなるのだろう、という不安でいっぱいでした。 (出血ピーク時。あまりの状態なので、小さな写真にしてみました)毎日、病院に通い、止血剤とビタミン剤とステロイドを投与していますが、効いているのかよくわ…

ハンナ最大の危機

注意!血の苦手な方は読まないでください。 内出血の写真があります。 1月7日に溜まっていた腹水をはじめて抜いてもらいました。 100mlというから、2.4kgのハンナにとっては、大量です。 人間にすれば、2〜3リットルに相当する量です。自宅に帰ってみると、…

ハンナは頑張っています

ハンナのクッシングの投薬を開始するために、コルチゾール検査とエコー検査をしてもらったところ、予想外の展開に。 なんと、血液の混じった腹水が見つかりました。先生からは、「かなり重篤」と言われましたが、腹水の原因が確定しないようです。アルブミン…

今は、タブポケットがお気に入り

薬の投薬用ピルポケットは、すでに飽きてしまったハンナ。今は、タブポケットがお気に入りです。ロイヤルカナン 犬用 タブポケット 3g×30()ウォルサム・ロイヤルカナン商品詳細を見るあぁ、ピルポケット、あと2袋もあるのに。

ピルポケットで、投薬のストレスから開放!

8月末からハンナの薬が増えました。肝臓の値が急激に上がり、1ヶ月間、プロヘパゾンを試してみようということに。「プロヘパゾン」は、昨年夏に厚労省の承認の関係で製造中止になり、それでも年明けまでは病院の在庫を戴いていましたが、ここ半年は、ほかの…

ピルカッター 

ハンナの肝臓の薬が1種類、増えました。 これが粒が大きく、小型犬のハンナは、なかなか飲み込めません。 人間の薬としても大きなサイズですから。病院からは、この薬は、顆粒にしたり半分に割っても大丈夫です、といわれていました。顆粒の薬は、ハンナは苦…

ハンナの病院

今日は月に一度のハンナの病院の日。超音波では、胆泥がなくなって胆嚢が少し小さくなっていた。 …、ということで苦い粉のお薬は今日で一旦終わり。血液検査は、相変わらず。 ・GPT/148IU ・GOT/78IU ・ALP/281IU ・ガンマGT/27いつものウルソに加え、サ…

ウチのワンコは悲観的。

犬にも楽観的なタイプと悲観的なタイプがいるらしい。「楽観的 vs 悲観的」の裏側ウチの犬は、確実に悲観的タイプ。 今年15歳になったマルチーズですが、ここ数年、「淋しがりや&ワガママ」が進行中。 家では、母にべったりで、トイレにもお風呂にも同行…