読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるまま、気の向くままに

こちらにブログ引越ししました。猫のこと、カラダのこと、その他もろもろ。思いつくまま、気の向くままに、細く長く続けてます。

個性的な先生。

行ってみました、「今山修平クリニック&ラボ」。紹介状を持って。

院内は、白とグレーを基調としたモダンなつくり。
間接照明が近未来的なクリーンな雰囲気をかもし出しています。

ラボということで、大学のゼミの研究室みたいなイメージを持っていたので、ちょっと驚きました。

でも、普通の病院とはあきらかに違う雰囲気です。

数時間も待ち時間があるというのに、雑誌のひとつもない…。なんだか緊張感が増します。


…で、意外にも早く診察の順番が回ってきました。

先生の風貌は、…なんというか個性的。

で、私の唇をみて一言。

「ふ〜ん。なるほどね。」

(なに?なにがなるほど?)

「これは良性でしょうね」

といって、胃カメラの先のような機械で写してくれて、良性だと思う根拠を説明してくれました。

その後、一眼レフのデジカメで、私の唇をバシャ、バシャ撮る。

「はい、指差してみて、ホクロを!」

といながら、バシャ、バシャ。研究材料のひとつになるのでしょうかね。



「…で、どうする。取る?」と先生。

「痛いですか?」と、つい子供のような質問をしていまいました。
それに対し、

「私は痛くないよ、あなたは痛いだろうけど」って。

(そりゃ、そうでしょ。あ、今の笑うところか。)

「でもね。取ってもまた出来るよ。歯で噛んでるんだよ」

え〜、だったら痛い思い?して取っても、また取らないといけないの?う〜ん。と悩んでいたら、


「歯の矯正してみたら?(噛まないように)あ、○才?ムダかな〜。ハハハ」



コレ、とっても失礼な発言なのに、この先生、嫌味がない。こういう人っていますよね。

「じゃ、3ヶ月たってもう一度来て。変化があるかどうかみて、その時に、再度、検討しよう」ということになりました。

とりあえず、ホッ。