読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるまま、気の向くままに

こちらにブログ引越ししました。猫のこと、カラダのこと、その他もろもろ。思いつくまま、気の向くままに、細く長く続けてます。

ワンコのご飯(その1) フード?それとも手作り?

いろいろ病気は抱えてましたが、ハンナは消化器官がとても強かった。
肝臓が悪くても嘔吐はしない。
病院の先生から
「この状態で嘔吐が無いなんて信じられない」と言われました。

下痢に至っては生涯一度も無し。

ほかのワンちゃんの飼い主さんからは、よく
「なに食べさせているんですか」と聞かれました。

ワンちゃんのご飯に関しては、いろいろと考え方があるようですから。

 「栄養のバランスのためドライフード、ウェットフードが一番」
 「本来の生態として、生肉が良い」
 「手作り食が良い」など。

かかりつけの獣医さんは「手作り食」推進派です。
19年前、ドナの初診の時、ドライフードをふやかして与えている、と伝えたとたん

 「あんたは、自分の子供に
  毎日同じインスタントを食べさせるのか!」

と、叱られました。シュン…。

この先生、今は半分引退されていますが、飼い主にはとても厳しい先生で、よく叱られました。
でも、犬にはとても優しかった。


ま、叱られましたが、ドナとハンナは完全手作りではなく、
「手作り食+ドライフード」で育てました。
長い人生・犬生の中、手作りできない日もあるだろうから、まったくドライを食べなくなるのも心配だったので。

で、基本はドライフードの上に手作り食をトッピング。
好きな手作り食を食べた勢いで、ドライを食べる…という感じでした。

だいたいは「お肉」+「野菜」+「イモ類」の組み合わせ。
私がつくる時は、すべて小さく切って煮ていましたが、母が作るときは、お肉は別に調理(焼く・蒸す)して、煮た野菜と合わせることが多かったようです。

ハンナの好きな組み合わせは、
「豚肉+ブロッコリー+人参+さつま芋」。
あと、鶏レバーをグリルで焼いたものは、大好物でした。
果物や麺類も好きでしたね。

手作り食を推進している方の中には、とても勉強され、手間ひまかけて作られる方もおられますが、ウチの場合は、そこまで神経質な事はしなかったかなぁ。

時々、ドライだけという時もあり「なんだー、今日は手抜きか」と言いつつ、仕方なく食べてましたね。