読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるまま、気の向くままに

こちらにブログ引越ししました。猫のこと、カラダのこと、その他もろもろ。思いつくまま、気の向くままに、細く長く続けてます。

ツバメの家族

通勤途中に、ツバメの巣が3つあります。

毎朝、毎夜、巣を覗くのが楽しみ。

出勤の時は、ちょうど朝食の真っ最中で、親鳥が忙しく巣に舞い戻っています。

夜、帰宅の時は、たいてい寝ていますが、雛が大きくなってきたので、親鳥は巣の外の軒下で寝ています。

親は大変だ。


ツバメといえば、家の本棚に「しあわせな王子」という絵本があります。ツバメと王子の物語です。

アマゾンのデータから情報をアップしようと思ったのですが、似たようなタイトル・似たような内容の絵本はあっても、我が家の絵本と同じ本は見当たらず。


何度も、何度も読みかえした絵本で、とても綺麗な絵です。
どちらかといえば、絵は大人向き。

___convert_20120628235629.jpg


ウチにあるのは、1978年発刊でチェコスロバキアのアルティア社の製作。日本では佑学社という出版社から発行されています。

裏を見ると「日本語版刊行記念 特価 1,100円」という値札がついていました。

この佑学社。調べてみると1994年前に営業休止し、同社が発行している書籍はすべて絶版しているそう。

今となっては、貴重な本になりました。



それにしても…。


1978年当時の私の年齢からいって、自分で1100円出して買うはずはない。

かといって、親から絵本を買ってもらう歳でもない。


いったい誰から貰ったのでしょうか。