読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるまま、気の向くままに

こちらにブログ引越ししました。猫のこと、カラダのこと、その他もろもろ。思いつくまま、気の向くままに、細く長く続けてます。

ウィンブルドン 男子決勝 

フェデラーとマレーの決勝戦、本当に素晴らしい試合でしたね。

「もうフェデラーの時代は終わった」という声が聞こえながらも、決勝まで勝ち残ってきたフェデラーにとって、ナダルが早々に消えた今年は、数少ないチャンスだったろうし、

76年?ぶりのイギリス人優勝に向けて、イギリス国内のマレーに対する盛り上がりは凄かったし…。


どちらにも勝って欲しい。

どちらを応援するかは、試合を見ながら心の赴くままに決めよう、と思ってました。


第3セットの途中までは、一進一退で、どっちが勝ってもおかしくない状態でしたね。
でも、さすがのフェデラー

王者の貫禄でした。

おめでとう、フェデラー

マレーもよく頑張りました。第一セットを取ったときは、「もしかすると…」とワクワクさせてくれた。



そのマレーの試合後のインタビューは、感動的。
グッときました。涙、涙…。


涙をこらえた沈黙の間が、どれだけのプレッシャーを背負っていたのかを物語ってましたね。


来年はマレーが優勝するところを見てみたい。

NHKの中継が終わる頃には、すっかりマレーファンになってしまった。