読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるまま、気の向くままに

こちらにブログ引越ししました。猫のこと、カラダのこと、その他もろもろ。思いつくまま、気の向くままに、細く長く続けてます。

クーコ、避妊手術。

クーコ。避妊手術から無事に戻ってきました。

今回は、開腹手術なので一泊入院。

ドナとハンナは避妊手術しなかったので、一体どういう感じになるのか。
ネットで調べると、最悪の事も書いてあるし、「数日は食欲がない」とか「後遺症が残った」とか、不安になることも書いてある。

健康な体にメスを入れる、という事自体、やはり抵抗はあります。


でも、猫の場合、初めての発情前に避妊手術をすることで、子宮の病気や乳腺腫瘍の発生を抑えられたり、発情のストレスがなくなったりと、メリットは多いそう。

なにより、クーコを迎い入れる時に、時期がきたら避妊手術をして欲しい、という元親さんの要望を受けていたので。



前日のご飯は9時に済ませ、お水も当日の朝8時以降は引き上げました。
会社を午前中休み、病院に預けに。術前検査(血液検査など)を行ったうえで、問題なければ手術します、との事。

その日は、ドキドキで、ちょっと仕事に身が入りませんでした。

夕方、病院に連絡を入れると、無事に手術も終わり、麻酔からも目覚めたそうです。ホッ。


翌日、昼過ぎにお迎えに行きました。

なんと、手術当日の夜に、ご飯完食。翌日もしっかり食べたそうです。

病院の先生も甘えていたようです。

「目が合うとスリスリしてくれますねー」と。

傷口も2センチぐらいでした。

抗生剤は、2週間効く注射を打っていただいたので、お薬は液体の痛み止めのシロップだけでした。

傷を舐めて、自分で抜糸しないように、エリザベスカラーをつけての帰宅。

クーコエリザベス


家に帰ってきた途端、エリザベスカラーを家具や壁にガンガンぶつけて、走り回り、高いところに飛び上がり、転がっていたオモチャをくわえて、転がりまわり…。

傷口が開かないか、ヒヤヒヤです。

ご飯もモリモリ食べています。


そして、甘えん坊に。

以前から、抱っこ攻撃の甘えん坊だったのに、入院で心細かったのか、べったり甘えん坊になり、膝から降りません。

顔を私の顔の近くに寄せたいようですが、カラーが私の顔にバンバン当たります。

寝ているときも、カラーが顔(私の)に当たって、眠れなかった。

1週間後の抜糸まで、ガマン。


でも、無事に終わってよかったー。

案ずるが産むが安し。

抜糸は1週間後です。