読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるまま、気の向くままに

こちらにブログ引越ししました。猫のこと、カラダのこと、その他もろもろ。思いつくまま、気の向くままに、細く長く続けてます。

映画『エベレスト 3D』

会社帰りに、ふらっと観にいきました。

映画『エベレスト 3D』

        

 いやー、登山は危険です。

 

実際にあった、遭難事故の話しだそうですが、エベレスト登頂って、こんなにも過酷なんですか!

八甲田山の映画を思い出しました。緊迫感のある映画です。

まさに死と隣り合わせ。自然の驚異の前に、人間はちっぽけで、簡単に死んでしまいます。

この映画をみてエベレストに登りたいと思う人は…、いないでしょう。少なくとも、私は、「絶対に登山はしない」と心に固く誓いました。

ネットの評価では、「ストーリーがない」なんてコメントもありましたが、私はグッと引き込まれました。涙も…。

実話だからこその重厚感が漂います。「最後に大逆転のハッピーエンド」なんてものはありません。

観終わったあとに、重ーい空気に包まれました。

ちょっと前に、三浦雄一郎さんが80歳で登頂成功されましたけど、あれはそうとう周りのサポートがあったのでしょうね。

 

ひとつ難をいえば、途中から登場人物の顔や髭が凍っていくので、みんな同じ顔になっていって、「あれ、これ誰だっけ?」って、わからなくなりました。

 

何度もいいますが、登山って危険です。危ない。危ない。

山を甘く見てはいけません。

「せっかくここまで来たんだから」なんて、無理してはダメです。

 

 

公式サイトも凝ってます。

everestmovie.jp