読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるまま、気の向くままに

こちらにブログ引越ししました。猫のこと、カラダのこと、その他もろもろ。思いつくまま、気の向くままに、細く長く続けてます。

抜糸と病理検査の結果

肥満細胞腫の術後、10日目で無事に抜糸が終わりました。

この間、2回自己抜糸したので、まだ抜糸は早いかな、と思っていましたが、傷口は治っていました。今は縫い痕が小さなカサブタになっています。

 

カサブタといえば、頭のカイカイのあとのカサブタがゴソッととれました。

f:id:hanna1006:20151213235607j:plain

全長3センチ。グロテスク。

 

話しを肥満細胞腫の手術に戻して。

 

手術でとったイボイボの病理細胞検査の結果も出ていました。

 やはり、このイボイボは、「皮膚肥満細胞腫(高分化型)」

高分化型というのは、犬のグレード分けでいうと、グレード1に相当するそうで、「猫の場合、一般的に良性の挙動を取ることがほとんどであり~」とあります。

所見を抜粋すると、

・真皮内に形成された、境界不明瞭で被包されていない腫瘤性病変。

核分裂像は、高倍率10視野あたり1個。(数が少ない方がいいらしい)

・完全に摘出されています。などなど。

 

ホッ。

よかった。肥満細胞腫であることは、確定したけど、悪いタイプではなかった!

 

でも「しかし、稀な例ですが、単発皮膚病変が、全身性の肥満細胞症と共に~」というコメントもあります。

 

これからも、イボには注意しなければ。