読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるまま、気の向くままに

こちらにブログ引越ししました。猫のこと、カラダのこと、その他もろもろ。思いつくまま、気の向くままに、細く長く続けてます。

熊本地震

地震が少ないと言われている九州での震災。

ようやく余震も治まってきたようですが、いつも揺れているような感覚がします。

福岡にとってお隣の熊本・大分は、近場の旅行先として、とてもなじみ深い土地。九州新幹線では、熊本までわずか30分という近さで、知り合いや仕事関係先も多く、本当に他人事とは思えません。

 

私の会社も熊本に支店があり、社員も事務所も被災しています。社員の多くは、いまだに避難所生活や車中泊、県外への避難が続いています。

益城町に住んでいる社員もおり、大きな被害を受けています。

福岡の本社から、まずは熊本の社員への支援物資を運ぼうと、先週の週末は、各自で水や食料、日用品、生理用品などの物資を調達しようとしたのですが、福岡市内やその周辺も軒並み品切れ、品薄状態です。

皆、黙々と物資を買って熊本へ送っているのだと思う。

私も近くのスーパーを3軒回って、少しずつ物資をかき集めました。

本当は、一か所であるだけ買い占めたい衝動に駆られますが、ここはグッとこらえて。

 

福岡市を通して、市民から被災地へ支援物資を送れるシステムもスピード感あふれる展開で、毎日、「今、必要なもの」に対応しているようです。高島市長の行動力が功を奏しています。

夜に市長からSNSやホームページで、「明日からはこの物資を集めます」と投稿があると、次の日の午前中には、多くの物資が市民から寄せられ、昼には熊本へ運ぶ…という展開の速さです。

福岡県知事が、県の対応の遅れを謝罪したそうですが、何も謝ることはないと思いますが…。

 

 

14日、16日の大きな地震では福岡も結構。揺れましたが、我が家の被害はほとんどなく、仏壇の中身が飛び出したくらいです。

猫のひろこは、怖がって家具の隅に隠れて出てきませんでした。スープを飲ませると少し落ち着いたようですが、テレビの緊急地震速報のアラームが鳴るたび、ドキッとして走って隠れていました。

「テレビのアラーム=怖い」と覚えたようで、しばらくは、テレビを遠巻きに見ていました。

 

今日から、九州新幹線の熊本~博多の運転が再開しました。

余震が続く中、これだけ早い復旧の影には、どれだけの労力があったのでしょう。

高速バスもう回ルートで再開しました。電力会社も社員総動員で復旧にあたっていると伺います。

これは、仕事という感覚ではない、何か別の感情が動かしているような、そんな空気が漂っています。