読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるまま、気の向くままに

こちらにブログ引越ししました。猫のこと、カラダのこと、その他もろもろ。思いつくまま、気の向くままに、細く長く続けてます。

猫伝染性腹膜炎(FIP)

目の前、真っ暗…。

今日、クーコに「猫伝染性腹膜炎FIP)」の疑いの診断が下されました。


「最近、太ったなー。高いところにもあまり登らなくなったし、やはり避妊手術後は太るねー。」と思い、ネットで「猫 肥満」と検索すると、『肥満と思ったら腹水だった』というようなコメントがいくつか目に付き、急に心配になりました。

肥満は下にお腹が垂れるけど、腹水は横に張り出す…、その通りなんです。

そして腹水の場合は、不治の病である猫伝染性腹膜炎FIP)の可能性高い…。

嫌な予感のまま、午前中、会社を休み、朝一番で病院に行って検査。


「腹水が溜まっていますので、検査します」と先生から言われたときから、もう頭がクラクラしました。

先生が取った少し茶色がかった黄色を見てからは、もう、頭がボーっとして良く覚えていません。

先生からは、

「血液検査から肝臓疾患からの腹水ではない。抗体検査のため外部に出しますが、腹水の比重からいって、猫伝染性腹膜炎FIP)の可能性が高いです。
 ネットでは100%致死と出てきますが、ステロイドとトロンボキサン合成阻害薬投与で回復した例もあります。この病院でも、症例がある。まずは、投薬からはじめましょう」というような事を言われ、さっそく病院で投薬してもらっている間、「あ、この薬は何ですか」と先生に聞くような、混乱振りです。

「あ、そうかステロイドとトロンボキサンか」


この先生、何十年もお世話になっていますが、決して「治らない」とは口にされません。

最後まで、方法を探してくださいます。

当のクーコは、食欲旺盛。オシッコもウンチも普通。相変わらずの甘えん坊。
でも、ここ数日はベットの下に隠れていることも多くなった。
キャットタワーもあまり登りません。そして、先週の木曜にお風呂場にウンチをしました。

今日は、腹水を検査のために少し抜いてもらったのが良かったのか、買ったばかりのトンネルに滑り込んで、遊んでいます。

本当にこの子が病気なのでしょうか。毛艶もこんなにいいのに。
先生にはわるいけど、信じられません。
血液検査の蛋白質の値だって正常だったのに。

とにかく、今は回復を願ってお薬、頑張るのみです。

体重3.4k